契約書の作成・契約書の相談なら

契約書どっとこむ

契約書の基本構造とは

契約書の基本構造とは

契約書の基本構造は、非常にシンプルです。とにかく簡潔に必要な項目を記載していきます。

  1. 表題
  2. 表題は、具体的にかつ端的に内容を表示。(土地建物売買契約書等)

  3. 前文
  4. 前文はあってもなくてもよいものですが、一般的に表題の次に、主たる当事者の住所氏名を記載。

  5. 末尾
  6. 契約書の末尾には、締めの文と、証書作成通数、保有者等を記載し、次に「年月日」次に、当事者(前の部分には出てこない副次的な当事者(連帯保証人等)・当事者の代理人の署名押印(あるいは記名押印)となります。

  7. 物件の表示
  8. 売買の目的物(土地、建物など)は末尾もしくは別紙に目録という形で記載。特に別紙の目録をつけた場合、本文との割印は忘れずに。

  9. 失権約款、管轄合意など
  10. 契約書の本文の後半締めくくりには、失権約款、解除条項、保証文言、裁判管轄など記載。

  11. 作成通数の記載
  12. 当事者が二名の場合は、二通作成し、各自一通を保管する、と末尾に記載。特に記載が無くても可。

  13. 作成年月日
  14. 契約書で作成年月日は必ず記載。無いと契約書として認められません。

 

無料相談窓口
TEL:0776-26-3175
受付:平日9時〜18時 行政書士中出和男事務所

 

 

※無料相談をご希望の方へ、ご利用の前に「特定商取引に基づく表示」を必ずお読みください!



ホーム RSS購読 サイトマップ
初めての方へ 無料相談フォーム よくあるご質問 お客様のコメント 事務所概要 特定商取引に基く表示